HOMEブログ虫歯、歯周病の予防について

ブログ

虫歯、歯周病の予防について

2018/09/28

お口の中の代表的な病気といえば、虫歯と歯周病です。

虫歯は細菌が出す酸によって歯が溶けて歯に穴が開いてしまう病気、歯周病は細菌が出す毒素によって歯根(歯の根っこ)を支えている歯槽骨という骨が破壊されて最終的には歯が抜けてしまう病気です。

つまり、虫歯と歯周病の原因はお口の中の細菌です。

そして、細菌の塊が歯垢(プラーク)なのです。

虫歯と歯周病を予防するためには、毎日のブラッシングで歯垢を除去することがとても重要です。

ブラッシングは毎日行うことなので、どうしても磨き癖があります。

そして、毎日同じ磨き方をするので毎日同じ部分に磨き残しができ、歯垢が溜まります。

すると、歯垢が石灰化して歯石になってしまいます。

歯石は硬いので歯ブラシで除去することはできません。

歯石になると歯垢が付着しやすくなり、歯茎が腫れる原因になります。

最近の量販店ではハブラシやデンタルフロス、歯磨き粉などの歯の清掃用具がたくさん販売されています。

でも、「どれが良いのだろう、、、。」と悩まれることはないでしょうか?

当院では予防を第一に考えておりますので、ブラッシング指導に時間をかけております。

歯垢染色(磨き残しの歯垢の染め出し)をして、患者様の歯のどこに歯垢が付着しているのかを実際に見てもらってから、患者様に適切な歯ブラシの形や、フロス、歯間ブラシなどの補助的清掃用具の使用のご提案、使用方法の指導をしております。

毎日の適切なブラッシングで虫歯や歯周病を予防するサポートができれば、と思っております。

歯科衛生士 大浦 愛

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

スルガ銀行のデンタルローン

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会

“アプロス”