HOME矯正歯科

矯正歯科

矯正のメリット

矯正のメリット

鏡を見た時などに「歯並びが気になる」ことが、矯正を考えるきっかけになる人は多いでしょう。
ですが、矯正治療の真の目的は、見た目を美しくすることではありません。歯の健やかな機能を取り戻すことにあるのです。

歯が健康であれば、ものをよく噛むことができ、消化器系への負担も減少します。
歯並びの悪さが全身の骨格に影響して、頭痛や肩こりを引き起こす可能性も無視できません。

顎のズレや歯列の不正を改善すれば、咀嚼機能を改善できるほか、姿勢バランスが向上することも。
そして、歯並びが美しくなれば、歯みがきをしやすくなり、虫歯や歯周病の予防につながることが、歯科衛生上最大のメリットでしょう。

当クリニックでは、見た目だけを改善するために安易に歯を削り、かぶせる方法をとることはおすすめしていません。
かけがえのない歯ですから、歯を抜いたり削ったりすることは最低限にし、矯正治療でご自身の歯を生かすことが、第一選択です。

小児矯正

小児矯正

子供の矯正

「予防矯正」
当院では子供たちに 3 つの予防を提供しています

虫歯の予防
歯周炎と将来の歯周病の予防
悪い歯並びの予防

 

適正な時期に治療を開始することにより悪い歯並びを予防することができます。

歯並びには遺伝の影響ももちろんありますが環境因子がとても大きく影響します。
歯並びに影響する環境因子の大きなものとして「くせ」があります。
①口呼吸
②舌の位置が正しい位置にない
③嚥下(飲み込みの方法)に異常がある
④口周筋に力が入り過ぎている。または、力が無い
⑤舌のクセ(歯を舌で押すなど)がある
⑥食べ物をきちんと噛み切る事ができない
⑦指吸い
⑧頬杖
など
十分な成長発育を促すとともにこれらの「クセ」を取り除くことが正しい噛み合わせを作る基盤となります。

「クセ」があるままだと歯並び、かみ合わせの改善は困難です。例え一時的に改善しても後に「後戻り」を起こしてしまいます。 当院では乳歯の時期から歯並び、かみ合わせの改善を図る一方で、こうした「クセ」を取り除くためのトレーニングを行なっていま す。このトレーニングを MFT( myofunctional therapy)と言います。これらを同時に行うことで将来の永久歯の歯並び噛み合わせをその個 人がもつ本来の状態、最善の状態に近づけます。これが「予防矯正」です。 当院では予防矯正に取り外し式のマウピースを使用します。

プレオルソ

プレオルソだけでは改善が困難で積極的な介入が必要な場合はインビザラインファーストを使用します。乳歯と永久歯が混在する混合
歯列期に治療を開始します。

永久歯に全て生え代わり、さらに治療が必要な場合に 2 期治療としてインビザラインを開始します。

成人矯正

永久歯の矯正(成人矯正)
12 歳以上になれば全て永久歯に生え代わります。 近年、治療技術の革新によりインビザライン(マウスピース矯正)が主流になってまいりました。当院では希望により従来のワイヤー矯正 も行っております。症例によってはワイヤー矯正の方が向いている場合もあります。インビザラインとワイヤー矯正の併用治療をする 場合もあります。

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会

“アプロス”

"ドクターズファイル class=