HOME矯正歯科

矯正歯科

矯正のメリット

矯正のメリット

鏡を見た時などに「歯並びが気になる」ことが、矯正を考えるきっかけになる人は多いでしょう。
ですが、矯正治療の真の目的は、見た目を美しくすることではありません。歯の健やかな機能を取り戻すことにあるのです。

歯が健康であれば、ものをよく噛むことができ、消化器系への負担も減少します。
歯並びの悪さが全身の骨格に影響して、頭痛や肩こりを引き起こす可能性も無視できません。

顎のズレや歯列の不正を改善すれば、咀嚼機能を改善できるほか、姿勢バランスが向上することも。
そして、歯並びが美しくなれば、歯みがきをしやすくなり、虫歯や歯周病の予防につながることが、歯科衛生上最大のメリットでしょう。

当クリニックでは、見た目だけを改善するために安易に歯を削り、かぶせる方法をとることはおすすめしていません。
かけがえのない歯ですから、歯を抜いたり削ったりすることは最低限にし、矯正治療でご自身の歯を生かすことが、第一選択です。

小児矯正

小児矯正

矯正治療は、早く始めれば始めるほどよいと伝えるクリニックもあるようですが、当クリニックでは、必ずしもそうとは考えません。当クリニックの基本方針は、「適切な時期に適切な装置を、最小限の期間装着する」です。

小児期の治療で重要なことは、歯を並び替えることではなく、顎の成長を正しく誘導することです。
当クリニックの小児矯正では、必要に応じリンガルアーチ、チンキャップ、上顎前方牽引装置などを、乳歯の段階で使用します。

症例によっては、装置を何も装着しない小児矯正を行う場合があります。
ただし、装置を装着しない小児矯正期間中も、成長によって骨格や歯列が変化しますから、専門医による経過観察が大変重要です。

いずれの方法をとるにしても、大切なのは、乳歯列の早い段階で矯正専門医の診断を受け、治療法と治療開始時期を見極めることです。

装置を装着するのは、永久歯に生え変わってから。
最短の治療期間で最善の結果を得ることがベストであり、できるだけ低年齢でスタートするのが、誰にとっても最善というわけではないのです。

成人矯正

成人矯正

成人の矯正治療ではしばしば、補綴治療やインプラント治療など、複合的な治療が必要となる場合があります。
当クリニックであれば、これらの治療の全てが当クリニック内で完結します。
これが、矯正専門医を擁する総合歯科クリニック、最大のメリットです。

矯正治療には複合的な要素が絡むため、矯正治療単体で終われることはほとんどありません。
虫歯や歯周病がある場合には治療が完了してから、歯の欠損がある場合にはインプラント治療等で補ってから、矯正治療に進みます。

また、矯正治療前に装着されたかぶせものは、治療前の咬み合せにあわせて作られたものですので、矯正治療後には当然合わなくなっています。
矯正治療の後にはかぶせものをやりかえます。

当クリニックなら、こうした複合的治療もスムーズに行えます。

また、どうしても「矯正装置が見えるのが嫌だ」という方のために、表から見えない「舌側矯正」も行っています。見える装置よりも長い治療期間を要する場合が多いのですが、歯の裏側に装置を取りつけますから、治療中も、表からは装置が見えません。

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

スルガ銀行のデンタルローン

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会