HOME噛み合わせ

噛み合わせ

顎関節症と咬み合わせ

顎関節症と咬み合わせ

口を開けたら痛い」とか「口が開けにくい」といった、顎関節の症状だけで来院されるケースはあまり多くありません。違うお悩みを訴えられる中で見られる症状に付随することが多いのが、顎関節症の特徴です。

顎関節症は、咬み合わせや歯並びだけではなく、成長時の一時的なもの、咬み合わせによる顎への負担、その人が持っている噛み方の癖ほか、頬杖をつく癖が原因になることもよくあります。

問診で顎機能不全症質問票にご記入いただき、考えられる原因を探ります。

顎関節の治療のほか、マウスピースやかぶせものの取り替え、親知らずの抜歯や移植なども取り扱います。
また、難しい抜歯が必要なケースや外科的な治療は、口腔外科と連携して行います。

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会

“アプロス”