HOME虫歯治療・小児歯科

小児歯科

小児歯科でまず大事なのは予防

小児歯科

虫歯は予防法が確立した疾患です。
虫歯ができてから歯医者に行くのではなく、虫歯にならないための来院をお勧めします。
歯医者さんがどんなところか知ってもらいます。
診療室に入りチェアに座ったりすることで、クリニックに慣れていただきます。

歯科医師、衛生士をはじめスタッフと仲良しに

虫歯は日々の食習慣、生活習慣が大きく影響します。話をお聞きし予防指導をさせていただきます。
ブラッシング指導。ハブラシのアドバイスをしますね。
さらに定期的なクリーニングとフッ素塗布で虫歯を予防しましょう。

もし虫歯になってしまったら・・・

お母さんにとっては虫歯で開いてしまった穴が気になってしょうがないでしょう。
「もっと大きくなったらどうしよう!」早く治して欲しい気持ちはよくわかります。でもちょっと落ち着いてください。

虫歯ができてしまう環境で虫歯を治療してもまた他に虫歯ができてしまいます。
せっかく治した歯もまた隙間から虫歯になってしまいます。
原因がなくならないと虫歯を埋めたところで仕方がないのです。
田んぼの中でお皿を洗っているようなもの。
やはりするべきことは予防です。
予防ができれば軽度な虫歯は急には進行しません。
穴を見つけては削るのではなくじっくりと予防に取り組みましょう。
もちろん痛みがある場合はすぐに治療します。

予防ができたらさあ治療に向かってきます

「歯医者は怖い」の先入観を植えつけてしまえば、その後のお子様の「お口の健康」にとって、大きな損失となりかねません。

当クリニックでは、外傷などの緊急事態を除き、抑え付けて治療することはいたしません。
「歯医者さん」に慣れることから始めます。
「食べ物は何が好きなの?」「学校でどんなことするの?」などなど、お話をしながら、不安を取り除いていきます。
そして、「お口を開けようね」「先生に見てもらおうね」と、自然な会話の中で、治療に導いていきます。

 

恐怖心が強く治療が難しいお子様には不安を和らげるための方法「TSD」を行います

T

まず、お話(Tell)  =「T」

これからやる治療内容をお話しして、何をするかをお教えします。

S

次に、見せる(Show)=「S」

実際に治療に使う器具をことで安心させます。
たとえば、鏡は口の中を見るもの……と、お子様自身の目で見て理解してもらいます。

D

そして、治療(Do) =「D」

実際の治療に移ります。

顎関節症と咬み合わせ

顎関節症と咬み合わせ

「口を開けたら痛い」とか「口が開けにくい」といった、顎関節の症状だけで来院されるケースはあまり多くありません。違うお悩みを訴えられる中で見られる症状に付随することが多いのが、顎関節症の特徴です。

顎関節症は、咬み合わせや歯並びだけではなく、成長時の一時的なもの、咬み合わせによる顎への負担、その人が持っている噛み方の癖ほか、頬杖をつく癖が原因になることもよくあります。

問診で顎機能不全症質問票にご記入いただき、考えられる原因を探ります。

顎関節の治療のほか、マウスピースやかぶせものの取り替え、親知らずの抜歯や移植なども取り扱います。
また、難しい抜歯が必要なケースや外科的な治療は、口腔外科と連携して行います。

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

スルガ銀行のデンタルローン

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会