HOMEブログ

ブログ

「親知らずが生えると痛くなる」 と、聞いたことはありませんか? 親知らずとは、18歳から20歳ごろに生えてくる一番奥の歯で智歯とも呼ばれます。 人によっては元々親知らずが無く、生えてこないこともあります。 また、歯茎の中に埋まったままで生えてこないこともあります。   親知らずは生えてきたら抜かないといけない・・・続きを読む

歯科衛生士 大浦 愛

皆さんのお口の中には細菌がいます。 その細菌が層になって歯に付着しているものがデンタルプラークです。 プラーク中の細菌は糖分を摂ると酸を出して歯を溶かします。これを脱灰といいます。 そして、唾液には溶けた歯の成分を元に戻す力があります。これを再石灰化といいます。 普段、お口の中のプラークは中性ですが、糖分を摂るとプラー・・・続きを読む

歯科衛生士 大浦 愛

寝ているときに家族から歯ぎしりを指摘されたことはありませんか? 歯ぎしりや食いしばりは無意識にしてしまうものなので、なかなか無くすことは難しいのです。 上下の歯をギリギリとこすり合わせる歯ぎしり、音を立てずに強い力でグッと噛みしめる食いしばり、その二つの力を総称してブラキシズムといいます。 普段日中に上下の歯が咬み合っ・・・続きを読む

歯科衛生士 大浦 愛

お口の中の代表的な病気といえば、虫歯と歯周病です。 虫歯は細菌が出す酸によって歯が溶けて歯に穴が開いてしまう病気、歯周病は細菌が出す毒素によって歯根(歯の根っこ)を支えている歯槽骨という骨が破壊されて最終的には歯が抜けてしまう病気です。 つまり、虫歯と歯周病の原因はお口の中の細菌です。 そして、細菌の塊が歯垢(プラーク・・・続きを読む

歯科衛生士 大浦 愛

上顎、下顎あるいは両方とも歯が無くなってしまった場合でもインプラントでしっかり噛むことができるようになります。 以前は8本から10本のインプラントで12本から14本の歯を支えていましたが、現在は技術が進歩し、4本のインプラントで12本の歯を支えることができるようになりました。治療費が抑えられる、手入れがしやすいというメ・・・続きを読む
インプラントは歯の土台となる顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるので、自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。 手術を行うので不安に思う方もいらっしゃると思いますが、静脈鎮静法という点滴による麻酔を行い、寝ているような状態で手術が受けられますので痛みを感じることはありません。当院では高い技術と・・・続きを読む
インプラントは危険、というニュースを耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。インプラントの失敗の原因は事前の診査や診断を怠り、知識や技術も乏しかったことが理由だと思います。 堺にあります当院では、安全なインプラント治療に力を入れています。CTなどを使い、事前の診査や診断をしっかりと行います。学会等にも参加し、日々知・・・続きを読む
皆様、こんにちは。まだまだインフルエンザが猛威を振るっていますが、いかがお過ごしですか。 堺市、堺にお住いの方でインプラントに興味はあるけど、どの病院を選べばいいのか迷っているという方はいませんか。当院は、インプラント治療を専門で行っております。インプラント治療には、高度な技術や専門的な知識が必要となり、どの病院で治療・・・続きを読む
堺周辺でインプラントをお考えの患者様は、堺市にある当院をご利用ください。インプラント治療を通じて、より健康的な人生を歩んでいけるお手伝いをしております。 よくかめることで消化を助け、全身の健康につながります。また、整った口元は、清潔感を人に与え、会話で自信が持てます。お口の健康を意識するだけで、皆様の人生の質を向上させ・・・続きを読む
当院は、世界基準のインプラント治療を安全で確実に提供しています。堺市や堺周辺にお住まいの方の健康をサポートできる喜びをかみしめている毎日です。 当院の考えるインプラント治療の効果とは、心身の健康に影響することが多いです。例えば、インプラント治療でよく咬めるようになり、よりよい摂食機能を取り戻すことができた、見た目がよく・・・続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会

“アプロス”