HOME審美歯科

審美歯科

歯は顔貌を構成する重要な要素のひとつ。美しい歯はあなたをより輝かせます。

近年セラミック材料の改良やCAD/CAM技術の応用により飛躍的に審美歯科が発展しつつあります。
それにともないメタルフリー=「金属をできるだけ使わない治療」が世界の主流です。
かけがえのない歯を大事にしましょう。

当院では見た目をよくするために前歯をやみくもに削ることはしておりません。
審美目的の治療には緻密な診査診断が不可欠です。
まずはカウンセリングでお悩みごとやご希望をお聞かせください。あなたにとって最良のプランを見つけましょう。

かぶせ直し時期の目安

当クリニックの審美歯科

個人差がありますが、数年から十数年で歯肉が下がりクラウンの縁が見えてくると、かぶせていることが他の人に分かってしまいます。
かぶせ直すことでそれは治すことができます。

国内外で活躍する著名な技工士、西村好美氏、税所秀揮氏の技工所「トップクラスラボ」で彼らの監修で作製される技工物を「スタンダードクラウン」、本人作製のモノを「プレミアクラウン」としております。
「トップクラスラボ」ではケースごとに最も適したクラウンを提供致します。
また他に標準的な技工所「ベーシックラボ」作製のモノがあります。

インレー 45,000円〜65,000円(税別)
クラウン 60,000円〜150,000円(税別)

各種クレジットカードがご利用いただけます。

歯のブリーチ

神経が無い歯だけに行えるホワイトニングです。歯の中に入れる薬剤の効果で歯を白くします。

 

歯のクリーニング

薬剤の効果が高まるよう、歯の表面を掃除します。

審美治療症例

ポーセレンラミネートベニア&オールセラミッククラウン

歯を出来るだけ削らないために先ずは矯正治療をお勧めします。
どうしても矯正治療を受け入れて頂けない場合に限り歯を削って治します。

ポーセレンラミネートベニア  Case1

外傷によってかけてしまった歯をポーセレンラミネートベニアで治療しました。

ポーセレンラミネートベニア  Case 2

すきっ歯を部分的なポーセレンラミネートベニアで治療しました。
左側切歯もベニアで形態を改善しています。

ポーセレンラミネートベニア  Case 3

ホワイトニングとの併用で歯の色と形を改善しました。

ポーセレンラミネートベニア  Case 4

矯正治療とポーセレンラミネートとの併用により劇的な改善ができます。

ポーセレンインレー Case1

ポーセレンインレーによって元の削る前のような歯を取り戻す事ができます。

ダイレクトボンディング Case1

すきっ歯を治しました。

 

ダイレクトボンディング Case2

事故で前歯2本が無念にも破折。
ダイレクトボンディングにより修復しました。

ダイレクトボンディング Case3

どうしても矯正治療を受け入れる事ができなかった患者さま。
前歯2本のみをダイレクトボンディングで形態改善をはかりました。

ホワイトニングCase1

ホワイトニングの後、前歯2本をかぶせ直しました。

ホワイトニングCase2

ホワイトニングの後、下の前歯3本をオールセラミッククラウンで
かぶせ直しました.

 

スタッフブログ

大阪泉北インプラントセンター

OSI

日本口腔インプラント学会

東京SJCD Tokyo SJCD

特定非営利活動法人日本顎咬合学会 The Academy of Gnathology and Occlusion

日本矯正歯科学会

“アプロス”

"ドクターズファイル class=